忍者ブログ
08«  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   »10
Admin | Write | Comment
プロフィール
HN:
永田
性別:
男性
職業:
学生
自己紹介:
下ネタ以外を書かないように頑張ります。
オモコロ(金玉の隠語)で記事を書いているのが兄です。
このブログは弟が書いています。

twitterもやってます。兄弟でやってます。→
最新コメント
[05/20 永田]
[05/13 空から降る一億の画鋲]
[05/11 溶けだ]
[05/11 NONAME]
[04/21 永田]
カテゴリー
アーカイブ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

すき家で夕飯を食べるとなぜあんなに惨めな気持ちになるのか?

牛丼食いながら、すき家にいる他の人間を眺め「こいつら最下層の人間だなー」と思う。それは一体なぜか?

まず一つ考えられる原因として「一人外食チェーン店で夕飯を食っているから」というのが挙げられる。要は惨めな気持ちになるのは、すき家に原因があるのではなく、外食チェーンに原因があるという考え方である。

まあ、これはもちろん要因の一つではあるだろう。しかし、根本的な原因ではない。別に松屋で夕飯食ってもそんなこと思わない。吉野家に至っては、一人で牛丼を食うことに何か美学のようなものすら感じる。

よってこの案は棄却される。つまり、確実にすき家に原因があるのだ。

すき家カラーが原因かな、とも思う。赤と黄色のあのカラー。なんか、あのー、すごく言い辛いんですが…。ダサいよね。はっきり言って。

いや、ポップだよ。ポップなカラーで、その、家族とかで行きやすいのかもしれないけどさ。ポップさっていうのは、ダサさにも繋がりやすいじゃん?ね?そういうことかもしれない。

一人、すき家で牛丼をかっ込むギャルとかさ、3千円くらい払えばヤラせてくれるんだろうなって感じがすごくするじゃん?豚汁セットとか頼んでちょっと豪華にしてるタクシードライバーとかさ、ああ、帰りにツタヤでAV借りてって今日一日の自分を労うんだろうなって、それくらいしか楽しみがないんだろうなって思うじゃん?

そして自分も、そういう目で見られてるんだろうなって。そう思うとなんかゾクゾクする。不思議な高揚感がそこにはある。高揚感inすき家である。である、って言われてもなんのこっちゃわからんけど。

すき家で牛丼を食うというのはそういうことなのかもしれない。

それを体験するために僕はすき家に行くのかもしれない。食券制だったら、すき家の食券はドリームチケットだ、みたいにうまいようなうまくないようなことを言えたけど、すき家は食券制ではない。ホント使えねーな。そういうところもすき家っぽい。お前はいつまで経ってもすき家だな。

いや、ホント悪口言ってるわけじゃないんですよ!すき家が大好きなんです!いつまでも今のままのすき家であってほしい。

僕は今日もすき家に行きました。最高でした。

最近のオススメはわさび山かけ牛丼にキムチをトッピングすることです。わさびと唐辛子の辛さが相まって意味分かんなくなる。トリップする。

いや、そもそも味覚に意味なんて求めることが間違いなのかもしれない。我々は何故生まれたのか?神と認知できるものは全知全能足り得るのか?人間に存在が知られている全知全能などあるものか?とか一瞬の思考が一気に押し寄せて、気付いたら食べ終わってる。最高。

これからもブログキリストはすき家応援ブログとして頑張っていきます!

好きです、すき家!(左手にはすき家の牛丼、右手にグローブをはめた女子高生にボコボコに殴られるプロボクサーの映像)(僕の考えたすき家のCM)

人気ブログランキング←これを押してもすき家の牛丼は割引されません!
PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
Trackback
トラックバックURL:
<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- ブログキリスト --  All Rights Reserved
Designed by CriCri
忍者ブログ  /  [PR]